TEL. 06-6484-5102

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町2-3-9
TAG北浜ビル9階

JiメンタルヘルスプログラムJi-Mental Health Program

こころの病、見逃していませんか?

 




Jiメンタルヘルスプログラムとは?

弊社が提供する「Jiメンタルヘルスプログラム」は、一般(身体科)外来で頻繁に見られるうつ病を主とした精神疾患をモバイル機器を使ったスクリーニング方式により、「早期発見」「早期治療」を可能にします。また精神科専門医受診の有無を判断するアイテムとして活用できます。



Jiメンタルヘルスプログラムの特徴

@うつ病の可能性と重症度分類のスクリーニング
うつ病の有無についてスクリーニングを行い、重症度を3段階(軽度・中等度・重度)に分類することも可能です。また見逃されやすいうつ病の「早期発見」も可能であり見落としを防ぎます。

A性格分析
性格分析を行うことで精神疾患に罹患する可能性やストレス耐性を見極めることが可能です。

B他の精神疾患のスクリーニング
うつ病以外の精神疾患「統合失調症」「全般性不安障害」「パニック障害」「社交不安障害」「強迫性障害」「双極性気分障害」「てんかん」「アルコール依存症」「摂食障害(女性のみ)」「発達障害」についてスクリーニングが可能です。

C精神科専門医受診の有無の判断
このプログラムの使用により一般外来医師の危機管理(リスクマネジメント)が可能となり、先生方のリスクを回避することが可能になります。




ストレスチェック制度の流れ

ストレスチェックは年1回以上の実施が義務付けられています。(50名以上の事業場)
ストレスチェックの実施により労働者のストレス度の判定と職場の集団分析を行います

 

 

Jiメンタルヘルスプログラムの活用シーン

このプログラムを使用することで次のようなシーンで産業医の先生方や労働者の皆様のサポートが可能です。

@気づきの促進
ストレスチェックの結果、高ストレスにもかかわらず面接の申し出をしない労働者に対して、実施者が面接の申し出を促す判断材料としてメンタルヘルスプログラムを実施します。その結果を参考に実施者が高ストレス者に対して面接の申し出を促します。

A面接指導での実施
産業医が面接指導を実施するうえで労働者にメンタルヘルスプログラムを実施することができ、その結果を参考に面接指導を行うことが可能です。

Bセルフチェック
労働者はセルフチェックとしていつでもメンタルヘルスプログラムを実施し、自身で健康管理を行っていくことが可能です。
※労働者本人の承諾がない限り、事業者、産業医は結果を確認することはできません。




ストレスチェックとJiメンタルヘルスプログラムの違い

☆ストレスチェック

ストレス度の判定ができるが、病的レベルの判定ができない

<主な内容>
・高ストレス者の判定/集団分析の実施/基本的に年1回以上の実施

☆Jiメンタルヘルスプログラム

精神疾患のスクリーニングによる病的レベルの判定ができる

<主な内容>
・うつ病の有無、重症度分類や他の精神疾患をスクリーニング
・産業医面談(面接指導)やセルフチェックとして実施可能


ストレス度の判定だけでなく病的レベルのスクリーニングを行うことで、より詳細なメンタルヘルス状態のチェックが可能となります。




企業も労働者も「Win-Win」の関係に!

                 

『職場のメンタルヘルス向上 = 定着率・生産性の向上』

この関係を実現するには、

 





このページの先頭へ

バナースペース

株式会社ジャパンイノベーション

〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町2-3-9 TAG北浜ビル9階

TEL 06-6484-5102
FAX 06-6484-5103